福富整骨院・なごみ整骨院

福富整骨院・なごみ整骨院 福富整骨院・なごみ整骨院

治療について

HOME > 治療について 一覧 > スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツでの転倒などによる突発的な怪我はスポーツ外傷と呼ばれ、
骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどがあります。
もし、それらが起こってしまった場合は初期治療が重要です。

また、急な練習は再受傷する可能性があるので注意が必要です。

スポーツでの怪我の治療は当院へ

スポーツでの怪我はどれだけ気を付けていてもなかなか防げるものではありません。
スポーツの種類によって生じる部位や程度などは様々ですが、怪我を予防するためにはしっかりと準備運動、ストレッチなどを行う事に尽きます。
外傷の場合は比較的治りも早くしっかりとした処置を受ければこじらす事も少ないのですが、スポーツ障害は軽視できません。

腕を動かそうとしたときなどに突然、肩に激しい痛みが起こり、 「 腕を上げる 」 ・ 「 後ろに回す 」 などの動作がしにくくなり、具体的には

  • 野球肩
  • 野球肘
  • オスグッドシュラッター病
  • ジャンパーズニー
  • アキレス腱炎
  • 外反母趾

など症状は様々ですが、どれも容易に治るわけではありません。
スポーツ障害は大きく二つに分けて考えられます。

一つは使い過ぎによるものです。
過度且つ継続的に繰り返されるスポーツ動作によるもので大多数を占めています。

そしてもう一つはオーバーロードによるもので、繰り返しの頻度は少ないが、ストレスが強くかかる運動で重量挙げなどの選手などに見られます。

いずれも、軽いものではプレー中やその後の痛みで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになってしまいます。

例えば、野球肘の場合ですと、少し重い荷物を持つだけで肘に痛みが走るので重い物をもてなくなってしまうなど…。
どんなスポーツでも言える事ですが、いかに未然に防ぐ努力をしていてもスポーツ外傷・障害は発生するものです。
従って、初期の段階で適切な処置を受けるかどうかが最も大切になります。

無理を続けてしまうと、本来持つパフォーマンスが発揮できなくなってしまうどころか、長期間スポーツができなくなってしまう事もあるので、早めの診察をお勧めします。

スポーツを楽しむ子供から大人まで、全ての人が悔いなく楽しめるようサポートしたい、と考えています。

ページTOP